MaruichiMaruichi

Life 感謝文

平成30年10月21日

同年代でも若々しい人もいれば、老け込んで見える人もいる。その差はどこからくるのか。健康で長生きする秘訣を探った。

「100歳を超えても若々しく人生を楽しんでいる人たちに共通するのは、長寿遺伝子が働いていることにある。長寿遺伝子を活性化させ、健康寿命を延ばす条件もわかってきた」。こう話すのは、加齢制御医学を専門とする白澤卓二・順天堂大学大学院教授だ。

実際に人間の長寿遺伝子が特定されたわけではないが、白澤氏は、100歳を過ぎてなお現役スキーヤーだった三浦敬三氏(故人)をはじめ、多くの健康長寿者に会い、体の状態や食事、生活習慣などから、長生きの秘密を研究してきた。

健康寿命を延ばすの生活習慣 その結果、提言をまとめたのが右の表だ。簡単にいえば、健康寿命を延ばすには、「(1)カロリーコントロール、(2)運動、(3)前向きな考え方が不可欠」ということであり、白澤氏は特に食事について注目している。

カロリーコントロールの必要性は動物実験で実証されている。長寿遺伝子「Sir2」を発見したマサチューセッツ工科大学(MIT)のガレンチ教授によれば、餌を制限した酵母菌や線虫のほうがSir2が活性化され、寿命も%延びたという。

「1日のカロリー摂取の目安としては、厚生労働省の日本人の食事摂取基準を参考に、栄養バランスは崩さず、腹七分から八分に抑えるべき」と白澤氏は言う。腹八分目の食事が長寿遺伝子を活性化させ、健康寿命を延ばすわけだ

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

平成30年10月21日

このはこんな私を選んでくれてどうもありがとう。 ご使用の前にこの取り扱い説明書をよく読んでずっと正しく扱ってね。 

 一点物につき返品交換は受け付けません。 ご了承ください。

 急に不機嫌になることがあります。 わけ

を聞いても答えないくせにほっとくと怒ります。

いつもごめんね。 でもそんな時はりずにとことん付き合ってあげましょう

 定期的にめると長持ちします。 爪がとか 小さな変化にも気づいてあげましょう。

ちゃんと見ていて、でも 太ったとか余計なことは気づかなくていいからね

もしも少し古くなってきて目移りするときは ふたりが初めて出会ったあの日を思い出してね。これからもどうぞよろしくね。 こんな私だけど笑って許してね。 ずっと大切にしてね。

 歌手西野カナさんの「トリセツ」です。

 お互いに、このようなトリセツ(取扱説明書)を、交わしたら夫婦喧嘩も少しは減るかも。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

平成30年10月14日

がん予防のための式食事療法八大法則

1塩分を制限する(一日5グラム以内)。

2動物性たんぱく質・脂質を制限する

(四足歩行動物の肉類は週に一回程度)。

3新鮮な野菜と果物を大量にする

(一日200~500ミリリットルのジュースと野菜350グラム~500グラム)。

4を含む穀物、豆類、いも類を摂取する

(週に一~二回は玄米)。

5乳酸菌、海藻類、きのこ類を摂る

(ヨーグルトは一日300グラム)。

6レモン、はちみつ、ビール酵母を摂る。

7油はオリーブ油またはごま油にする。

8自然水の摂取。

 最も重要なのが野菜と果物の大量摂取です。低農薬、無農薬なら更にいいです。カリウムは、細胞のや細胞のに非常に大事な役割を果たします。カリウムを摂取するためには野菜や果物が一番です。それから玄米です。胚芽に含まれているビタミンBが不足するとがんが発生しやすくなるからです。 西台クリニック院長済陽高穂

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

平成30年10月7日

横綱といえば双葉山。横綱昇進後勝率八割八分。優勝一二回、引退後は相撲協会理事長を努め、とした相撲協会の改革を行った。を説き、どんな相手に対しても同じような態度でんだ。自ら待ったをかけることはなく、相手力士がかけ声を発すれば制限時間前であっても、一回の仕切りでさえ受けて立った。

 前頭四枚目のノ海に破れ、連勝が六九で止まった時も、悔しさや絶望感などを表情に見せることなく普段通り一礼し、東の花道をと引き揚げて行ったという。

 そして、その日の夜に師と仰ぐ安岡正篤に対して「イマダモッケイタリエズ」と打電した。 とは、他のがしても、全く相手にせず。まるで木でった鶏のようにとしていた最強の鶏のことで、安岡正篤に、土俵に上がるだけで相手を圧倒する木鶏を目指せと言われてたので、敗戦の電報であった。翌場所は全勝優勝した。右目が見えず、横綱昇進後にた二四敗は右側から攻められたものであったが、常に態度でをた。 本日のご来店心よりお待ち致しております。

平成30年9月30日

桃栗三年柿八年、梅は十三年

 果樹を植えたら、食べられる実がなるまでにそれ相応の年月がかかります。何事も成就するまでは時間がかかる、辛抱が大事というのです。

 桃栗三年、柿八年、梅は酸い酸い一三年、は大バカ一八年、りんごニコニコ二五年、女房の不作は六〇年、亭主の不作はこれまた一生。女房は六〇年で一人前になり、亭主は一生かかるとは、情けない

 「梨の馬鹿めが十八年」「の気違い三〇年」というのもあります。

  劇作家の武者小路実篤は、「桃栗三年柿八年、は九年で俺は一生」と書きました。

 が、中国のの少林寺で壁に向かって座禅し、九年でを開いた「九年」というを元に、それに続けて「俺は一生」と表現し、自分自身が実るには一生かかり、生涯修行だということを表現されたのです。

 まずは種をこと。最初の一歩を踏み出さないと何も出来ません。

 一生勉強、一生努力。「死ぬまで一生懸命」。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。