MaruichiMaruichi

Life 感謝文

令和1年10月27日

脳科学的に見て、読書を通じてをるというのはとても大事なことです。実験で一番驚いたのが、クリエイティビティ()です。新しいものを作り出す創造性は脳のどこから生まれて来るのか調べたらをする部位と言葉を扱う部位が一番良く働いていたんです。イメージをらませて何かを生み出す時もそうなんです。ノーベル賞の湯川秀樹博士が「創造性のには相当大量ののが必要だ」と言われてます。ある会社に「言われたことしかできない社員が多いので、社員の創造性を伸ばしてほしい」と頼まれて、僕が何をしたかと言うと井上靖の文庫本を二冊渡しただけです。一ヶ月後に実験するとちゃんと読んでくれた社員さんは見事にクリエイティビティが上がっていました。そのまま読書が習慣になって、課題の本以外にも読んできた人はもっとその伸びがでした。しかし、サボった社員さんは横ばいのままだったんです。これからの社員に、求められるのは創造性です。=です。を身につけるためには読書です。読書習慣が、子供の学力も決めると言われてます。文章を読ませることで高齢者の認知症も治ったのです東北大学川島隆太教授談。読書の秋。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和1年10月20日

お客さま、ありがとうございます。

 ある、そのでんでんは、なことにがつきました。「はまで、うっかりしていたけれど、のせなかののなかには、しみがいっぱいつまっているではないか。」このしみは、どうしたらいでしょう。でんでんむしは、おのでんでんむしのにやってきました。「はもう、生きていられません。」と、そのでんでんは、お友達にいいました。「何ですか。」と、お友達のでんでん虫は聞きました。「私は、というなでしょう。のせなかののには、しみがいっぱいつまっているのです。」と、はじめのでんでんがました。すると、おのでんでんはいました。「あなたばかりではありません。のせなかにも、しみはいっぱいです。」それじゃしかたないとおもって、はじめのでんでんは、のおのへいきました。(中略)こうして、おをじゅんじゅんにたずねていきましたが、どのも、ことをいうのでありました。でんでんはがつきました。「しみは、でもっているのだ。ばかりではないのだ。は、のしみを、こらえていかなきゃならない。」このでんでんは、もう、なげくのをやめたのであります。

   美智子上皇后の愛した童話、新美南吉「でんでんむしのかなしみ」から

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和1年10月13日

東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太さんの話

 「近年の科学的調査によって、スマホの使い過ぎがになを与えることが分かってきました。スマホやタブレットの利用時間が長い子供たち約200人の脳の発達を、MRI(画像)を使って3年間調査したことがありましてね。利用の少ない子はちゃんと3年分発達していたのに、利用頻度の高い子は脳の発達が止まっていました。
 言葉をとの発達が、もも止まってしまって、という情報伝達のをたす部分も大脳全体にわたって発達が止まっていたんです。スマホやタブレットの利用が1日1時間、もしくは使わない子は特に影響はないんですが、それが一時間以上になると、利用時間に応じて学力に対するネガティブな影響が大きくなるんです。ですからスマホ、タブレットの使い過ぎは、脳の発達をし学力をてすべての能力ができない状態になり、いくら勉強しても、を十分とっても成績が上がりません。大学生をに実験しても同じでした」

 スマホのについては、世界で言われています。

 明日は体育の日。外に出て、体を動かしましょう。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和1年10月6日

農業こそ最も大切な産業であり、人類の生命のです。現在行われている化学肥料と農薬をとした農法については、三十年前からその害については議論されています。この農法は生命を無視しを無視した農法と言われ「土を殺し、を殺し、そして人にも害をぼす」という人もいます。に農薬は地上の生態系をし、人間のや神経系、を、と二十年三十年を経て、白血病、リューマチ、、等を起こす原因ともなると言われております。

  簗瀬義亮著「生命の医と生命の農を求めて」より

 をさないそして、農薬や化学肥料を使わずに自然の力で育った野菜でなければならないと頑張っている人が地元にもたくさんおられます。

 そのような信念を持って安全安心健康野菜を作っておられる農家さんたちが毎月第一日曜日、財光寺店で健康野菜の直売を行っています。ぜひご来店ください。自然野菜の美味しさを是非お試しください。

 出店者も募集中です。化学肥料や農薬を使わずに育てた野菜生産者の方に限ります。一度お電話ください。(マルイチ本部 日向百生会 電話523880)。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和1年9月29日

だって本当は高校に行きたかったけど、そんながある家庭じゃないからね。じゃあ、何も持たない自分がい上がるにはどうすればいいか。体一つで戦えるボクシングしかないと思った。中卒後、東京に出てし、ファイティング原田を見に行った時、「お前なんかがボクサーになれるかい」と社長に笑われて、、すぐに会社をめてにった。
 村の人たちに見つかると「もう帰ってきた」と言われずかしいから、にひっそりと帰ってきた。、故郷の山や川にまれているうちに「よし、はやっぱり東京へ行く」という熱い思いがいてきた。
 心を決めて上京する日、おふくろは朝早くに仕事へ出て行った。駅に向かう途中の仕事場に立ち寄って「東京へ行ってくるぞ」と言うと、おふくろはだらけの手でのポケットをゴソゴソやって、一枚の千円札をくれたんだ。そして、ハラハラとをこぼしたかと思うと、「人間になんかならなくていい。な人間になれ」と言った。その言葉がすっと心にみて、今も忘れない。、その時の泥のついた千円札は今でも大切に持っていますよ。

 元世界ライト級チャンピオンガッツ石松を支えた母の言葉より
 本日のご来店心よりお待ち致しております。