MaruichiMaruichi

Life 感謝文

令和5年7月1日

お客様、ありがとうございます。

「いただきます」「ごちそうさま」を「命をありがとう」の気持ちを込めて口にできると素敵だと思いませんか?例えば、1本の大根。醤油に漬けた大根の皮をパパの酒の肴に。大根の真中はじんわり炊いてお味噌をかけた、ふろふき大根。葉っぱは、じゃこと一緒にごま油で炒めて佃煮風に。子どもの大好きな「ご飯の友」です。

「大根まるごと使ったのよ。だって一生懸命育ててくれた人のためにも、もったいないことできないもんね」。もぐもぐ食べる元気な子どもたちは、パパやママのひと言ひと言に知らず知らずのうちに「もったいない」「大切に食べる」「感謝する」の意味を受け止めていきます。

食材は自然の恵み。余すことなく利用するのも「作ってくれた人、育んだ日本の大地」を大切に思うからこそです。日本の食文化を通じて「命と食の大切さ」「自然の恵みに対する感謝」を伝えていきたいものです。やがて感謝と真心が自然と込められた「いただきます」「ごちそうさま」を子供は口にするようになるでしょう。

また、「ホールフード・まるごと食べる」を心がけることで栄養素をまるごと摂取できます。

本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和5年6月24日

お客様、ありがとうございます。

今の学生達は、ポーチの中にお化粧道具をいっぱい持っています。だから彼女たちには、お金をかけてエステに通ったり、整形手術を受ければ綺麗にはなるけれど、美しくなるためには、面倒なことをしないとだめなのよと言っているのです。

自分が座った椅子は元どおりに入れて立ちましょうね。落ちている紙屑は拾いましょう。洗面台で自分が落とした髪の毛は取って出ましよう。

お礼状はすぐに書きましょうというように、なるべく具体的な行動の形で示しています。

「ああ、面倒くさい、よそう」と思わないで、「ああ、面倒くさいと思ったら、しましょうね」と言うと、学生も、何か変な標語のようだなと思いながらも、覚えていてくれるみたいです。

「人はある程度の年を取ったら、それ以上綺麗にはならないけれど、より美しくなることはできます。その美しさというのは、中から輝いて出るものだから、自分と闘わないと得られません。お金では買えないのよ」と言うと、「ああ、シスター、顔の化粧ではなくて、心の化粧なんですね」と言ってくれます。渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)

歳を重ねてこそ本当の美しさは得られるもの。

本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和5年6月17日

お客様、ありがとうございます。

 親子の断絶が言われる時代、家庭教育において、良心の確固たる信念と一致協力が必要な時代です。子供の教育を単に母親一任では、片手落ちです。かと言って、父親がいちいち事細かに小言や叱りつけをするのは「父親軽視」の種を撒くようなものです。では、父親の役割は、それは人生の見通しと社会的視野の広い立場で、人生の生き方に基づき、家庭のあり方と子供の育て方に対して、その方向を明示することです。

 家庭内での躾では母親を支え、子供の日常生活の角目と将来の岐路についてはよき相談相手になり、又人生に大先達として断乎として方向を提示するべきです。それ故、中学生や高校生となると、父親の果たすべき役割が増えて来ます。身近にいる母親と違って、父親の権威とか、感謝を、子供は感じないものです。だからこそ、父親の存在の重さを、母親は子供達にそれとなくわからせる必要があるのです。決して、父親へのグチなどは、子供の前では言うものではありません。 森信三「父親のための人間学」より

 明日は父の日。尊敬する父親こそ家族の柱です。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和5年6月10日

お客様、ありがとうございます。

 

 蛙         金子みすゞ

 憎まれっ子、

 憎まれっ子

 いつでも、かつでも、誰からも。

 

 雨がふらなきゃ、草たちが、

 「なんだ蛙め、なまけて。」と、

 それをおいらが知る事か。

 

 雨が振り出しゃ子供らが、

 「あいつ、鳴くから降るんだ。」と、

 みんなで石をぶっつける。

 

 それがかなしさ、口をしさ、

 今度は降れ、降れ、となく。

 

 なけばからりと晴れ上がり、

 馬鹿にしたよな、虹が出る。

 

 先週から、梅雨に入ったそうです。梅雨と言ったら、蛙の合唱。遠い昔になりました。

 本日のご来店心よりお待ち致しております。

令和5年6月3日

お客様、ありがとうございます。

多くの日本の老人は寝たきりの生活が10年。
健康を意識する第一歩は食べる物に気を付けることです。元気で長生きのために機能性に注目した野菜のチカラが、今、注目されています。
①抗酸化力です。体内に発生した活性酸素を消去し、体の老化を食い止める働きをします。
②「抗酸化力」がある野菜はトマト、ほうれん草、にんじん、ブロッコリー、パプリカなど。
次に体の異常を監視して体を守る②免疫力、体内に入った細菌やウィルス、がん細胞を「異物」と認識して攻撃・排除する仕組みです。「免疫力」がある野菜はレタス、きゅうり、白菜、オクラ、モロヘイヤ、椎茸など。
そして③解毒力、体内から不要なものを出す。呼吸や飲食などを通じて知らない間に毒性のある物質を、水溶化して体の外へ排出する働きです。
「解毒力」のある野菜は葱、にんにく、大根、キャベツ、レタス、玉葱、香辛系野菜など。
又、他の野菜に比べて有機野菜には抗酸化物質が18~69%多く含まれているそうです。
「医食同源」長寿と健康は食物で作れるのです。
本日のご来店心よりお待ち致しております。